ブランディングにおいてフォントの選択は日に日に高まっています。 昔から企業のロゴに使用することはありましたが、企業がオリジナルのフォント制作も増えています。また近年は都市や地域のオリジナルフォントも作られるようになり、ブランディングにおけるフォントの価値は広がり続けていると言えます。

企業ロゴにおけるフォントロゴにおけるフォントの使用 トヨタはヘルベチカ、ルイヴィトンはフーツラといった有名なフォントをロゴに使用しています。フーツラやヘルベチカは歴史のある完成度の高いフォントのため多くの会社で使用されているようです。 このあたりは書体デザイナーの小林 章さんの書籍で多くの事例が実に細かく分析されていて一度は読んでおきたい本です。

日本語の企業ロゴに関しては、フォントをそのまま使用するという例はあまり聞くことがありません。有名なところでは無印良品がモリサワフォントの ゴシックMB101の使用がありますが多くの企業がオリジナルのロゴとなっています。有名な企業の多くが英語を使用するようになるということもありますが、ライセンスの兼ね合いで商標登録ができないということも影響しているかもしれません。 また、文字の形状の影響で読むことを目的とした日本語フォントの場合ロゴに見えにくいという傾向があります。ことため一目見てロゴとわかるようなくせをつける方が認知してもらいやすくなると言えるでしょう。

オリジナルの企業フォント 大企業ともなるとオリジナルのフォントをも制作しているケースがあります。GoogleのRobotやYahooのYahoo Font、SamsungはSamsungOneなどは広告などではこれらの専用フォントを使用するようです。 日本ではAXIS社が自社で発行する雑誌『AXIS』で使用するオリジナルのAXISフォントというものがあり非常に有名です。文字数の多い日本語でオリジナルフォントを開発することは時間とコストがかかるため、発表当時はインパクトがあり、今も人気のあるフォントです。 コーポレートフォントの利点としてはフォント名に社名が付いていると社員が使いやすいということが上がると思います。人数の多くなれば全ての社員の方が指定フォント名を覚えるのは難しいでしょう。しかし自分の会社の名前であれば迷わずに探し出せると思います。 また、専用のフォントを使用することで企業の持つスタイルや戦略といったアイデンティティの共有にもつながり、社員の一体感作りにも効果が生まれると考えられます。

地域のオリジナルフォントでブランディング地域や都市のオリジナルフォント 最近では地域や自治体のオリジナルフォントも生まれてきているようです。 横浜をイメージしたフォント『濱明朝』。

引用:Type Project | 濱明朝

http://typeproject.com/fonts/hamamincho横浜という港町ならではの水平線や風にはためく旗や錨のイメージを取り入れているようで英数字には特徴的なデザインが多く見られます。町ごとに統一されたフォントが使用されていると観光する時の体験もよりその町に入り込むことができ、思い出に残りそうです。 横浜は他にも『イマジン・ヨコハマ』というフリーフォントがあり以前は横浜市のサイトからもダウンロードできました。横浜は明治大正のレトロモダンなイメージや港のイメージなどがありデザイナーのインスピレーションが湧くのかもしれません。

Read more

hi-fnでは今年度よりブランディングをデザイン制作のテーマに掲げて活動しています。

これまでも、ロゴの作成やホームページのリニューアルなどもブランディング要素が強いものでしたので、従来と極端に変わるというわけではありません。 しかし、ブランディングという観点からご協力することでグラフィック、WEB、写真撮影やイラスト制作をより効果的にお客様の役にたてられるのではと考えております。

ブランディングとは何か。デザイナーやマーケターであれば聞き慣れた言葉ですが、抽象度が高いため実際のイメージが掴みにくい方も多いかと思います。

もっとも分かりやすい例はロゴマークの変更です。企業やサービスの活動においてもっとも人の目に触れる機会が多いためロゴマークがブランディングにおいて重視されます。

ロゴマークは企業の持つメッセージや、商品の特徴を捉えて一目でわかるように記号化されたものです。そのためブランディングは企業メッセージや商品の特徴を見つめ直して伝えることが基本となります。

Read more

グラフィックデザインは印刷に関わるデザイン全般を指しているため、非常に幅の広い定義ですが、hi-fnでは主にロゴマーク、チラシ、ポスター、パンフレット、書籍の装丁、組版が得意分野となっております。

グラフィックデザインは感性で作ると思われがちですが、実際には「どこで、誰に、何を伝えるのか」や、トンマナ(企業や商品のもつイメージ)に基づいて作るなど、いくつものルールや戦略の上に成り立っています。

レイアウトや文字組みなども長い年月で培われた最適な値があり、デザイナーはそれに基づいてデザインを形作っていきます。

ただし、レイアウトや文字組み、素材の配置ができてくると基本通りだけでは面白味のないデザインになってしまったり、最適な伝わり方をしていないということが往々にしてあります。

特に日本人は繊細な感性を持っていると言われており、フォーマット化されただけのデザインというものにはすぐ気がつきます。

世の中の定番として広く浸透している商品やサービスであれば、それでも通用しますが、これから世に広めていく新サービスや、規模は小さくても特徴のある商品などは、1工夫、2工夫して注意を惹きつける必要があります。

Read more

hi-fnではデザイン、コーディング、Wordpressを使用したコーポレートサイトの制作までご対応しています。

得意分野はデザインですが、wordpressに関してはオリジナルテンプレートの作成、お問い合わせフォーム、カスタム投稿やカスタムフィールドの

導入を行い、柔軟にご対応いたします。

また、ホームページは作って終わるものではなく、コンテンツを増やしてSEO対策を強化したり、サイトの情報更新やgoogleの規約変更の対応といったやらなくてはならないメンテナンスが発生します。そのような保守、運用補助といったサポートも行っております。

Read more