記憶と共生するボーダレス文学

国境のない海の写真を重層的に重ねあわせ、「3.11以降の文学はどの様に変化しボーダレス文学になっていくのか」という

本書のテーマをビジュアル化しました。